さまざまな歯科治療 インプラント

  • ホワイトニング治療を受ける前に行う準備とは

    • 歯医者さんでは歯の黄ばみを解消し、白くする事のできる「ホワイトニング治療」を受けられます。

      治療法には色々な種類がありますが、どの治療法も歯の黄ばみを分解する薬剤を歯に塗るのが特徴です。

      歯磨きでは取る事のできない歯の黄ばみも、キレイに落とす事ができるので、黄ばみが原因で口元に自信が持てないという方に、お勧めの治療法と言えるでしょう。


      ただ、ホワイトニング治療を受ける前には、事前に歯の状態を調べる必要があります。


      まず、歯石がついている場合は歯石除去の治療から、始めなければいけません。

      歯に歯石がついていると、施術の際に染みるケースがあるのです。
      また、虫歯があると薬剤が虫歯に入り込み、痛みを感じる場合もあります。歯石取りや虫歯治療を行う必要もある為、場合によってはすぐにホワイトニング治療を受けられません。
      ですので、歯の状態によってはすぐに歯を白くできないという事を、考慮しておきましょう。

      施術を受ける前は、事前に検査とカウンセリングを行います。

      体質によっては、薬剤が合わず治療を受けられないケースもあるのです。

      カウンセリングでは、どのような流れで施術を行うかなどの説明の他に、どのくらいまで歯を白くするか相談します。
      せっかく施術を受けるのだから、思いっきり歯を白くしたいという方も多いようですが、あまりに歯を白くし過ぎてしまうと浮いてしまう恐れがあります。

      どの位の白さが自然に見えるかなど、歯科医師としっかり話し合い、白さを決める事が大切です。


      歯が黄ばんでいると清潔感に欠けてしまいます。


      海外では黄ばんだ歯では出世できないと言われている程、歯の白さはその人の印象を左右してしまうのです。

      歯の黄ばみに悩んでいる方にお勧めなのが、「ホワイトニング治療」です。


      この治療を受ける事で歯に沈着した色素を分解でき、黄ばみの悩みを解消できます。

      歯磨きでは取り除く事ができない色素沈着を、改善できるホワイトニング治療ですが、施術後のある行動ですぐに黄ばみが戻ってしまうケースがあるので注意しましょう。

      施術直後は歯のエナメル質を覆っていた「ぺリクル」という保護膜が、剥がれた状態になっています。ぺリクルが剥がれている状態の時に、コーヒーなど色素の濃い飲み物や食べ物を口にする、口紅を塗る、煙草を吸ってしまうと旧芸に色素の再着色を起こしてしまうのです。
      せっかく歯が白くなったのに、すぐに色素沈着してしまうと元も子もありません。
      ですので、施術直後は色素を沈着させない事が大切です。

      ぺリクルは通常、12時間から24時間程度で再生される為、この間は特に注意が必要です。
      直後に避けたい飲食物としてはコーヒーの他に、お茶や赤ワイン、紅茶も挙げられます。

      この他にポリフェノールの多い、大豆やブドウ、ブルーベリーやチョコレートも再着色の原因です。

      醤油やケチャップ、ソースといった調味料も危険です。


      このような色素の濃い飲食物を、ホワイトニング治療後、避ける事により歯の白さをより長くキープできるでしょう。





      男性かつらの価格の知りたかった情報がきっと見つかります。

      メンズのカツラの情報を求める人におすすめです。

      よく利用されている手外科全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

      http://www.nikkei.com/article/DGXMZO89643980T20C15A7000000

      http://www.yomiuri.co.jp/adv/economy/release/detail/00250319.html



  • 関連リンク

    • 歯を白くすることで、清潔感や笑顔が増えると言われており、生活を豊かにするために、ホワイトニングは重要な役割を果たしてくれると言えます。このホワイトニングは、歯を白くすることであり、普段行われる歯磨きや歯のクリーニングでは落とし切れない歯の色をキレイにすることです。...

    • 歯は加齢や喫煙などによって色素が沈着し、自然に黄ばんでくるものです。絵に描いたような真っ白な歯は、歯磨きだけでは実現できません。...