さまざまな歯科治療 インプラント

  • ホワイトニングの種類と効果

    • 歯科医院で歯科医師が行うのを、オフィスホワイトニングと言います。


      患者さんは、診療台に寝ているだけで、何もしなくても歯を白くすることができます。
      初回には、歯の色の状態を確認し、写真を撮影することもあります。


      歯の汚れをきれいにクリーニングで落としてから、施術を開始します。

      使用する薬剤は濃度が高いものなので、歯茎に触れないように保護材を塗ってから、歯を漂白する薬を塗っていきます。
      薬を塗り終わったら、専用の光を照射させて、薬が内部まで浸透しやすくします。


      薬剤を拭き取れば、一回の施術は完了になります。一度で歯が白くなるのを実感できますが、もう少し白くしたい場合などは、次回にまた同じ処置を行います。

      また、歯科医院でお口に合わせた専用のマウスピースを作成し、その中に自分で薬剤を入れて自宅で処置をするのが、ホームホワイトニングです。


      薬剤の同度が薄いので、一回では歯を白くすることはできませんが、繰り返し行うことで、白くなっていきます。


      二週間ほどで歯が白くなりますが、もっと白くしたい場合は、継続することで、歯をより白くすることができます。
      二つの方法を併用する、デュアルホワイトニングという方法は、結婚式までに歯を白くしたい場合などに使われます。ホワイトニング後は、通常よりも色素を取り込みやすい状態なので、カレーやワインなどの着色性のある食べ物は避けるようにします。タバコのヤニも付着しやすいので、ホワイトニング中は禁煙するのが望ましいです。


      普段コーヒーをよく飲まれる方やタバコを吸う方は歯の黄ばみなどが気になる方が多いです。

      毎日一生懸命歯を磨いていても、前歯に清潔感がないなと感じることもあります。
      特に人と関わる仕事をされている方は、お客様から見ても清潔感を感じる人の方が好印象になります。この人なら身だしなみをきちんとしているから、この会社の商品を買ってみようかなという気にもなるのです。

      肌の手入れをしていても、綺麗にヒゲを剃っていたとしても、笑顔になった時の歯の印象は変わります。
      市販の歯磨き粉を使っているけれど、あまり白くならないなと感じているなら、歯科医院でのホワイトニングをしてみることをお勧めします。最近は虫歯治療だけでなく、審美治療やホワイトニングに力を入れている歯科が多くなっています。近くの歯科でホワイトニングをしている所を探してみましょう。


      ただし、保険外治療となりますので、1度の治療で数万円お金がかかります。目に見えるような白さと美しさを手に入れることが出来ますので、今後人に良い印象を持ってもらえることを考えれば安いものかもしれません。
      治療方法は、開口器を使用して口を開けてもらいます。


      専用の薬剤を歯に塗り、LED照射をします。この時は特に痛みは感じませんが、もし気持ち悪くなったらすぐに先生を呼びましょう。
      1度のホワイトニングでは、真っ白にはならないのですが、個人差がありますが3回から5回受けることで、透明感のある綺麗な歯になります。

















  • 関連リンク

    • 歯を白くすることで、清潔感や笑顔が増えると言われており、生活を豊かにするために、ホワイトニングは重要な役割を果たしてくれると言えます。このホワイトニングは、歯を白くすることであり、普段行われる歯磨きや歯のクリーニングでは落とし切れない歯の色をキレイにすることです。...

    • 歯は加齢や喫煙などによって色素が沈着し、自然に黄ばんでくるものです。絵に描いたような真っ白な歯は、歯磨きだけでは実現できません。...