さまざまな歯科治療 インプラント

  • ホワイトニングの仕組み

    • 歯を白くするホワイトニングは、どのような仕組みで白くしているのでしょうか。


      施術のときには、薬剤を歯に塗っていき、その上から特殊な光を当てていきます。


      薬剤の中には、歯の表面にある膜をはがす成分と、過酸化水素が配合されています。
      膜をはがすことで、歯の表面にある小さなパイプの中に過酸化水素が入りやすくして、歯を白くします。


      過酸化水素とは、病院などで消毒に使われるオキシドールのことで、高い安全性が確認されています。

      白くするというイメージから、漂白剤が使われているのではないかと思われる患者さんもいますが、漂白剤は入っていません。

      薬剤の効果を高めるために、特殊な光を当てて、歯に浸透しやすくしています。歯科医院でホワイトニングを行うときは、患者さんは寝ているだけで、施術は全てスタッフが行います。しかし、何度も歯科医院に行くのが難しいときには、マウスピースを作り、自宅で患者さん自身が薬剤を入れて装着するというホームホワイトニングも行われます。

      自宅には、特殊な光を発生させる機械がないので、お口の中に入れるだけでいいようになっています。

      ホワイトニングをしたあとに、一時的に歯がしみることがあります。


      これは、薬剤の成分のせいではなく、歯の表面の膜がなくなることで、刺激を受けやすい状態になっているためです。施術後24時間すれば、膜は自然に回復するので、放って置いても治ることがほとんどです。

      施術後はレモンやわさびなどの刺激物は避けるようにしましょう。

      ホワイトニングをしようとすると、歯科医院で行ってもらう方法と、自宅で自分で行う方法のどちらかを選ぶ必要があります。最終的な効果はほとんど同じですが、効果が出るまでの期間などが異なるために、自分に合った方法を選ぶことが大切です。まず、歯科医院では、全ての施術をスタッフが行ってくれるので、自分では何もしなくても歯を白くすることができます。

      自宅で行うのが面倒と思ってしまう人は、歯科医院でのホワイトニングはいいでしょう。


      自宅で行う方法は、マウスピースを1日に2時間以上装着する必要があり、毎日装着するのが難しいときも同様です。


      歯科医院では、ホワイトニングに濃い濃度の薬剤を使用するために、一回の施術で歯を白くすることができます。


      自宅では濃度の薄い薬剤しか使用できないので、早く効果が得たい場合も歯科医院での施術がおすすめです。

      面接や結婚式など決まった期日までに効果を得たいときも、歯科医院で施術をしましょう。ただ、自宅で行う方法は、自分のペースでできるというメリットがあります。
      何度も歯科医院へ行く時間がないときにおすすめです。


      ホワイトニングは一度行ってからしばらくすると、後戻りといって、白さが失われていきますが、専用の薬剤さえあれば、自宅で白さを取り戻すことができます。


      知覚過敏があり、歯科医院での薬剤がしみてしまうときも、自宅での濃度の薄いやくざであればホワイトニングができるというケースもあります。

      抗がん剤用の医療かつら関連情報を解説します。

      メンズのかつらを詳しく調べるなら便利なサイトです。

      医療ウィッグ抗がん剤情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

      あなたに合った条件で女性の安いウィッグの詳細についてはこちらです。

      医療かつらの脱毛症情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

      http://matome.naver.jp/odai/2136454090163071001

      http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000GLT4X

      http://smany.jp/11791

  • 関連リンク

    • 歯を白くすることで、清潔感や笑顔が増えると言われており、生活を豊かにするために、ホワイトニングは重要な役割を果たしてくれると言えます。このホワイトニングは、歯を白くすることであり、普段行われる歯磨きや歯のクリーニングでは落とし切れない歯の色をキレイにすることです。...

    • 歯は加齢や喫煙などによって色素が沈着し、自然に黄ばんでくるものです。絵に描いたような真っ白な歯は、歯磨きだけでは実現できません。...