さまざまな歯科治療 インプラント

  • ホームホワイトニングの注意点

    • 歯を白くする治療は、歯医者さんでなければ受けられないと、思っている方も多いのではないでしょうか。

      実は自宅で歯の黄ばみを取る治療法もあるのです。

      「ホームホワイトニング」という治療法で、海外では歯を白くする治療といえば、この治療法がポピュラーとなっています。
      最初にマウスピースを作る必要はありますが、その後は自宅で施術を行います。


      空いている時間に歯を白くできるという事もあり、忙しく何回も歯医者さんに通えないという方に、ぴったりな治療法です。
      ただ、ホームホワイトニングを行う際は、注意したい点もいくつかあります。

      歯医者さんでの治療は全て歯科医師やスタッフが、施術を行ってくれますが、ホームホワイトニングの場合、全て自分で行わなければいけません。
      薬剤を塗る事から始まり、マウスピースの装着などのケアを、面倒に感じるという方は、歯医者さんでの治療が向いています。
      マウスピースを外した後は、30分から1時間以内に飲食を行わない事も重要です。すぐに食事をしてしまうと、歯に色素が沈着しやすいのです。

      また、施術直後以外もコーヒーや紅茶、赤ワインといった色素の濃い飲み物、煙草は歯を白くする効果を薄めてしまうので控えましょう。自分で歯を白くできるという事もあり、勝手に施術の回数を増やしたり、施術時間を延ばしてしまうケースもあるようです。


      このような間違った方法でケアすると、知覚過敏を引き起こす原因となってしまいます。ホームホワイトニングは医師から説明された回数、時間を守る事が大切です。笑ったときに口元から見える白い歯は、誰もが憧れるものです。毎日、きちんと歯磨きをしていても、歯の色が汚く見えて、人前でも笑えなかったり、大きな口を開けないようになってしまいます。コーヒーや紅茶、緑茶やワインなど歯が自然と着色するものがたくさんありますので、なるべく食事の後はお水で口をゆすいだり、歯磨きをするのがいいでしょう。
      しかし、持って生まれた歯の色は白くない方が多く、力を入れて磨き過ぎると歯を痛めてしまうことになりかねません。
      加齢や薬物などで歯の内側から変色している場合は、磨いても白くはなりません。
      そんなときは、ホワイトニングという方法があります。

      オフィスホワイトニングは、歯科などで行います。
      歯を検診し、虫歯などがあれば治療してから行います。

      歯のクリーニングをした後に、薬を塗って特殊な光をあてます。


      光によって薬剤が活性化され白くなります。1回でも違いがわかるくらいに即効性がありますが、後戻りもします。希望の白さと歯科との相談で回数を決めます。


      もうひとつは、自宅でもできる方法です。
      口に合わせたマウスピースを作り、薬剤を入れて歯にはめます。

      即効性はありませんが、時間をかける分、後戻りが少ないのが特徴です。

      比較的費用が低く抑えられるのも利点です。
      1日2時間以内の使用で、2週間が一応の限度となっていますので、その後通院し、使用前使用後のホワイトニング効果を確認した上で、治療方針を決めます。

















  • 関連リンク

    • 歯を白くすることで、清潔感や笑顔が増えると言われており、生活を豊かにするために、ホワイトニングは重要な役割を果たしてくれると言えます。このホワイトニングは、歯を白くすることであり、普段行われる歯磨きや歯のクリーニングでは落とし切れない歯の色をキレイにすることです。...

    • 歯は加齢や喫煙などによって色素が沈着し、自然に黄ばんでくるものです。絵に描いたような真っ白な歯は、歯磨きだけでは実現できません。...