さまざまな歯科治療 インプラント

  • ホワイトニングには2種類ある

    • 歯は加齢や喫煙などによって色素が沈着し、自然に黄ばんでくるものです。


      絵に描いたような真っ白な歯は、歯磨きだけでは実現できません。

      歯科医の指導の元で、専門的な処理を行なう必要があります。
      歯を白くする方法には、大きく分けて2種類あります。オフィスホワイトニングは審美歯科で施術を受ける方法です。

      具体的には歯の表面に薬剤を塗り、レーザーやライトの熱で漂白していきます。

      薬剤の主成分は過酸化水素で、それ自体に漂白効果があります。温度が高いほど効果も高まるので、さまざまな光を照射して熱を加えます。
      レーザーのほか、ハロゲン光やLEDライトなどが使用されます。

      この方法は即効性が最大のメリットです。

      1回の施術でもそれなりの効果を実感できるため、忙しい人には向いています。
      ただし効き目が早い分、元に戻るのも比較的早いのがデメリットです。ホームホワイトニングは自宅で行なう方法です。

      まず歯科医師にマウスピースを作成してもらい、そこに薬剤を流し込んで装着します。


      薬剤は効き目が緩いため、毎日2時間ぐらいずつ行なう必要があります。また効果が目に見えるまでには数週間かかることもあります。

      そのかわり白さが長持ちし、オフィスホワイトニングよりも白くなると言われています。

      歯の裏や奥歯なども白くすることができます。両方のメリットを取り入れたい人には、2種類のホワイトニングを同時に行なうデュアルホワイトニングという方法もあります。
      毎日歯を磨いていても、歯の黄ばみは徐々に進行していってしまうものです。歯を白くする方法としては、オレンジの皮の白い部分で歯をこするとか、バナナの皮の内側で歯を磨くなどの自宅で出来るケアを行なっている人もいるようです。


      しかし、確実に綺麗な白い歯にしたい人は、歯医者さんで受けられるホワイトニング治療がおすすめです。


      近年、ホワイトニング治療を行っている歯医者さんは増えており、その方法も歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で出来るホームホワイトニングの両方を用意して好みに合わせて選べるクリニックが多いようです。

      また、歯を白くする治療法にも様々なものがあり、歯科医院に行って受けるタイプの施術では、ジェルを歯に塗ってから特殊な光を照射出来るマシンを使うことで、1回約2時間の治療で即日白い歯になれる方法を取り扱っているクリニックもあるので、忙しくて何回も通院するのが難しい人や、人前に出るイベントなどの前に急いで歯を綺麗にしたい人に適しています。ところで、この治療を受けたことがある人の中には、歯を白くしている最中に薬剤が歯にしみて不快な思いをした人がいるかもしれません。


      これは、歯に入っている細かいひびなどから薬剤が浸透するためで、歯がしみることで神経が傷ついたりはしませんが、それが苦手で歯を白くする治療はもうしたくないと思っている人には、歯にしみないホワイトニングを受けられるクリニックも探してみるとあるということをお伝えしたいです。

      皆さんも是非、歯が白くなる治療を利用して、輝く口元を手に入れてください。

      タトゥー除去の費用情報が手に入ります。

      評判が高い腱鞘炎情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。



      脱毛症のサプリの情報サイトが便利です。



      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2122548.html

      http://okwave.jp/qa/q3366683.html

      http://www.sankei.com/economy/news/160201/prl1602010275-n1.html

  • 関連リンク

    • 歯を白くすることで、清潔感や笑顔が増えると言われており、生活を豊かにするために、ホワイトニングは重要な役割を果たしてくれると言えます。このホワイトニングは、歯を白くすることであり、普段行われる歯磨きや歯のクリーニングでは落とし切れない歯の色をキレイにすることです。...

    • 歯は加齢や喫煙などによって色素が沈着し、自然に黄ばんでくるものです。絵に描いたような真っ白な歯は、歯磨きだけでは実現できません。...